自動車保険で守れるものは?〜加入せずにはいられない〜

事故を起こしてしまったら

車を運転する方なら誰でも一度は「もし自動車事故を起こしてしまったら」と考えてみたことがあるのではないでしょうか。
自動車事故は、いつでも突然起こります。
自分から自動車事項を起こそうとして行動するのでもない限り、事故の瞬間というのはいつでも急にやってくるものなのです。
いつも通りの日常が、急に自動車事故の現場に変わる体験は、誰にとってもショックなものです。
日頃どんなにしっかりしている方であっても、いざ自動車事故が起こると気が動転してしまうものなのです。
しかし、自動車事故を起こしてしまった際にはやらなければならないことがたくさんあります。
事故を起こしてしまったというショックで慌ててしまうのも無理はないのですが、非常時だからこそ落ち着いた対応が必要となるのです。
もし自動車事故を起こしてしまったら、いったいまず何をしたらいいのでしょうか。
自動車事故が起こったら最初に必要なのは、けが人の救護をすることです。
場合によっては救急への連絡が必要となるでしょう。
救急車を呼ぶ必要がない場合は、警察に連絡をしましょう。
事故の大小、けがの度合いに関係なく、起こした時点で必ず警察への連絡が必要です。
そして現場の検証などの作業が終わった後で、保険会社へ連絡するという手順になります。
細かい部分は保険会社や自動車保険の契約内容によって異なると思いますので、手元の保険証書などでいざという時の対応について確認しておくとよいでしょう。
SEARCH
SHARE
LINEで送る
Copyright (C)2017自動車保険で守れるものは?〜加入せずにはいられない〜.All rights reserved.