自動車保険で守れるものは?〜加入せずにはいられない〜

自賠責保険について

車に乗るということは、大きな責任を負うことに他なりません。
車の運転を一歩間違えば大きな事故へとつながる危険性もあるのですから当然です。
自動車に関する「もしも」に備えるために有効な自動車保険ですが、自動車保険には大きく分けて二つの保険があります。
強制保険と任意保険です。
任意保険は入るも入らないも個人の自由なのですが、強制保険は違います。
強制保険とは、法律で入らなければならないと定められた自動車保険です。
自動車の強制保険とは「自動車損害賠償責任保険」という名称で知られています。
一般的には省略して自賠責保険と呼ばれているものです。
自賠責保険の補償の対象となるのは、事故によって人にけがをさせたり死なせてしまったりした場合です。
万が一事故の相手にけがをさせてしまったという場合の治療費や賠償金として適用されます。
事故には色々な種類がありますが、他人を巻き込んでしまった時が一番大事となりますので、その最悪のケースに備えるための保険です。
しかし、自賠責保険では、事故によって損傷した車や、事故によって壊してしまったものに対しては適用されません。
もしもそれらをすべて自己負担で支払おうと思えば、とても大きな金額になってしまうことでしょう。
そんな時、任意保険に加入しておけば、自動車事故の際の様々なケースに対応することができます。
もしもの事態に備えるためにも、できれば自賠責保険と任意保険の両方に加入しておくことをお勧めします。

話題になっている自動車保険についての話は便利なココがお勧め

SEARCH
SHARE
LINEで送る
Copyright (C)2017自動車保険で守れるものは?〜加入せずにはいられない〜.All rights reserved.